2020/06/06

心臓疾患最新情報



今回は「脊柱管狭窄症」についてです。

 

脊柱管狭窄症とは脊髄の通っている脊柱管が狭くなり、神経が慢性的に圧迫されている状態をいいます。

 

この脊柱管を狭窄している原因が、実は心臓の病気の原因と同じということをご存知でしょうか?

 

一般的には狭窄の原因としては、椎間板ヘルニアや変性すべり症、などと言われていますが、

 

多く見られるのは、精神の疲労によるものと加齢にともなう椎間板、椎体、椎間関節や椎弓の変性を起こしていることが多く見られます。



詳しい続きはこちら

https://ac-yawaragi-cardiac.jimdo.com/2020/06/06/%E8%BA%AB%E4%BD%93%E3%81%AE%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AE%E3%81%BB%E3%81%A3%E3%81%A8%E4%B8%80%E6%81%AF%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA35/