2020/05/07

心臓疾患最新情報



今回は「うっ血・チアノーゼ」についてです。

 

春になると陽気が上りやすい時期になります。春は東洋医学でいう木氣が盛んになる時期です。

 

木氣が盛んになると水を吸い上げる力が強くなり、陰液という体液が消耗しやすくなります。

 

身体の熱を冷ます働きをする陰液が消耗してくると、さらに熱がきつくなりのぼせて来るようになります。

 

木氣は上に伸びようとする性質があるので、春は大変のぼせるのです。

 

うっ血やチアノーゼは、血液の流れが滞り、血管外に滲出して起こります。

 

前述した通り、春は大変のぼせやすくなっているために、この時期身体の上部に出やすいのです。



詳しい続きはこちら

https://ac-yawaragi-cardiac.jimdo.com/2020/05/07/%E8%BA%AB%E4%BD%93%E3%81%AE%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AE%E3%81%BB%E3%81%A3%E3%81%A8%E4%B8%80%E6%81%AF%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA27/