2020/04/11

心臓疾患最新情報



心臓の病気は本人はいつでも気にするものですが、心臓の病気でない症状も関連性があるので注意が必要です。

 

身体が冷えて足腰の冷えがきつくなってきている方も多いと思います。

 

こういう時期によくある症状には夜間尿があります。

 

慢性的にこの症状がある方は、心臓疾患にもなりやすいのです。

 

夜中にトイレに行くという症状は腎臓や膀胱の問題ですが、腎臓の機能は単に尿を作るだけではなく、腎精という身体の万能細胞を蓄えておくことです、むしろこちらが中心です。

 

人間の身体は、上半身は活動的で下半身と比べると熱があり、下半身は上半身の熱を冷ます機能がありその中心は腎臓が蓄えている腎精です。

 

腎精を消耗し過ぎると上半身の熱を冷ますことが出来なくなり、過剰に熱を持つようになります。



詳しい続きはこちら

https://ac-yawaragi-cardiac.jimdo.com/2020/04/11/%E8%BA%AB%E4%BD%93%E3%81%AE%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AE%E3%81%BB%E3%81%A3%E3%81%A8%E4%B8%80%E6%81%AF%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA-21/