2020/04/08

心臓疾患最新情報



今回は「全身のだるさ」についてです。

 

他の病気の時にも起こる症状ですが、重要なサインでもあります。

 

だるさの大元は、全身に氣が巡っていないというです。

 

特に腹部に氣が巡っていないと身体の中心部に芯が出来ないことになり、立つ姿勢を維持することが出来ないほどに弱ってきます。

 

身体の中心部にある内蔵としては、脾臓と呼ばれる飲食物から氣(エネルギー)と血をつくり、いらないものを老廃物として排泄する働きをしている内蔵があります。

 

この老廃物が多いと脾臓は大変負担がかかり、弱ってきます。

 

体内の老廃物が排泄されないと、体内の湿度が高くなり、体外の湿度に影響されやすくなります。



詳しくはこちらをご覧ください

https://ac-yawaragi-cardiac.jimdo.com/2020/04/08/%E8%BA%AB%E4%BD%93%E3%81%AE%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AE%E3%81%BB%E3%81%A3%E3%81%A8%E4%B8%80%E6%81%AF%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA19/