2020/03/02

心臓疾患最新情報


【身体のためのほっと一息シリーズ 15】


最近食べる機会が多くなって着る服が合わなくなってきた方も多いのではないでしょうか?


体重が増えると、体内のエネルギーの停滞が起きやすくなり、 感情や精神的なプレッシャーなどによって起きたエネルギーの停滞と合わさって熱変性を起こし、血栓を生じやすくなるドロドロ血になりやすくなります。

急激な体重増加は、心臓にとってもとても悪いことなのです。

なので、今回は健康的に体重を減少させ、適正体重で安定させる養生法をお伝えします。

そもそも、食欲というのは身体に停滞した熱が原因で起こるもので、正常な熱の範疇ならお腹は張らないしゲップも出ません。


詳しいつづきはこちら