2020/02/10

心臓疾患最新情報



今回は、頻脈という脈が早くなる症状の一つである、心房細動についてお話していきます。

正常な心臓では毎分に60~100回、規則的に収縮して血液を体内に送り出しています。

この収縮を拍動といい、拍動の源は洞結節という心臓の上部にある心筋細胞です。


ここで発生した電気的な刺激が次々と心筋に伝わり、心臓をポンプのように収縮させ、血液を全身に送り出します。

この電気的刺激が伝わる経路のどこかに異常が見られるものを不整脈と呼びます。


心房細動とは不整脈の1種ですが心房内で起こるものをいいます。


詳しい続きはこちら↓

https://ac-yawaragi-cardiac.jimdo.com/2020/02/10/%E8%BA%AB%E4%BD%93%E3%81%AE%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AE%E3%81%BB%E3%81%A3%E3%81%A8%E4%B8%80%E6%81%AF%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA%E2%91%AA/