2020/01/13

心臓疾患最新情報



アトピー性皮膚炎について

なぜアトピー性皮膚炎と心臓疾患が関係あるでしょうか?


一見関係がないように見えますが、実はアトピー性皮膚炎の合併症として心臓疾患は非常に多いです。


さらにステロイド剤を使っている方は、免疫機能が低下しているために心臓疾患が重症化しやすいのです。


実際の症例で解説いたします。


感染性心内膜炎、アトピー性皮膚炎 男性 26歳 独身


生後2カ月の時に頭に湿疹ができ、頭皮がぐちゃぐちゃになって髪の毛が全て抜け落ちてしまう。その後、自然に回復。


生後半年ごろから頬や顎の周りがじゅくじゅくしてきて、中3年生くらいまでステロイド軟膏による治療をする。


しかし、副作用で顔が真っ赤に腫れあがり入院。何とか高校進学するも、休学。


ステロイドの副作用に関する番組を見て、ステロイドによる治療を一切放棄したため、全身で症状が悪化し、MRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)に感染。


詳細な続きはこちら

https://ac-yawaragi-cardiac.jimdo.com/2020/01/13/%E8%BA%AB%E4%BD%93%E3%81%AE%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AE%E3%81%BB%E3%81%A3%E3%81%A8%E4%B8%80%E6%81%AF%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA%E2%91%A3/