アトピー性皮膚炎の症例

初診日 平成20年3月17日
患者 男性 24歳 180p 64kg 未婚 医療関係の仕事
主訴 アトピー性皮膚炎 全身の(特に胸部)の痒みと色素沈着
病歴 小児のころからアトピー性皮膚炎、喘息が出ていた。
昨年の11月頃、試験と仕事のトラブルが重なり精神的にまいっていた時に、
胸部〜腹〜太もも前面に激しい痒みが出て翌日黒くなっていた。
診断

生まれつきの体質とストレスによって体の機能が乱れ体内の熱が高まり、
さらに余分な水分が溜まっているのがツボに現れていた。
この熱と余分な水分が、皮膚・粘膜に影響したと診断した。

治療 一回の治療で1〜3個の少数のツボ(百会、霊台、不容、至陽、腹部打針術)を適宜選んで刺針した。
経過

2診目3月19日 夜の痒みナシ
3診目3月20日 体の痒みナシ 便秘が続いていたが治療後排便
4診〜20診 痒かったり痒くなかったりが続くが初診時に比べると症状は、
落ち着いている。

現在の状態 痒みがある時は、飲食の不摂生や、ストレスがきつい時なので、その養生指導と体の熱を冷まして、余分な水分を除く治療を現在継続中。